ハゲ・薄毛の治し方

このハゲーーーーーッという女性議員の言葉が話題ですが・・・(笑)

人の悩みの一つに、ハゲがあります。

ハゲ

ハゲまでいかなくても「最近、なんか薄くなってきたなぁ!」なんて感じる時や「枕やお風呂の排水口に抜け毛が増えたなぁ!」「まさかハゲないだろうなぁ!」なんて不安になる事もあるかもしれません。

そして、実際に前髪がM字のようにハゲたヤツや飲み会の席でトイレに立つと後頭部がコイツハゲてるがなwって目線が上からになった事でハゲが発覚するヤツ・・・

久しぶりに会った友人との第一声が、「お前薄くなったなぁ!w」っと明らかにハゲ気味のヤツや中途半端なハゲならスキンヘッドにしちゃえ!とツルッツルの友人さえいます。

私のヘアスタイルは今、ソフトモヒカンですが、以前より何となくちょっと薄くなったかな!?と感じるようになりました(汗)
そこで、育毛シャンプーや育毛剤ってどうなのかな!?とテレビCMやネット広告が気になる時もあるんです。
最悪は、ポヤポヤよりスキンヘッドwを考えていますがスキンヘッドにはまだ抵抗があるので、今のうちからケアの方法を調べておきたいと思い、実際に調べています。

現段階での自分の知識以外に、もっといい改善方法があるかもしれません。
せっかくなので、調べた結果をここに公開して行きますね!

ハゲなどの種類

ハゲって地肌が見えている状態やツルッツルのイメージが私的にあります。
毛の悩みってそれだけじゃなく、枕やお風呂の排水口に抜け毛が増えたなぁ!という場合、ハゲとは言わず抜け毛が気になる!という風に抜け毛対策なんていう言葉を使いますよね!
また、年をとったせいか若い頃から比べると薄くなった!という風に薄毛という言葉を使うケースもあります。
さらに、まだ若いのにハゲ!・・・若ハゲという言葉さえあります。
最近では、AGAAndrogenetic Alopeciaの略)とか男性型脱毛症という言葉も耳にしますしAGA治療の広告など見かけるときもありますね!
毛の悩みって一言にハゲという言葉だけでは済まず、状態によって言葉の使い方が色々あります。

ハゲなどの悩みワード

その毛の状況によって、薄毛 改善とか抜け毛 改善とか若 ハゲ 改善という、ちょっと進行したと見られる改善という言葉を使う人
薄毛 対策とか抜け毛 対策とか、ちょっと気になるので、早いうちに対策したいという人
また、薄毛 予防とか抜け毛 予防、さらにハゲ 予防など、そうなる前に予防したいという人
これは、中年男性に多い悩みと思われるかもしれませんが老若男女問わないものだと思います。

ハゲなどを対策・改善・予防・治療の方法

一昔前までハゲは遺伝という説があって、そうなったら諦めるかかつらを使用する、もしくは思い切ってスキンヘッドといった方法しかなかったように思います。
かつらの事を最近では、ウィッグとかヘアコンタクトとも言うようですが、被せてカバーするというか誤魔化すといっては言葉が悪いかもしれませんが装着するといったものではなく、元気に生えていた頃のように毛を元通りもしくは少しでも元に近づけたい。
そう思うのが人としての本音だと思います。

今現在、研究や技術の進歩などによって、ハゲ・薄毛・抜け毛に対する対策・改善・予防・治療の方法が色々あります。
その方法を一つづつあげていくと・・・

シャンプー

まずは、シャンプーです。
ハゲ シャンプーとか抜け毛 シャンプーとか薄毛 シャンプー、さらに育毛 シャンプーまた女性用 育毛 シャンプーなど
要は、ハゲ・薄毛・抜け毛の原因とされている汚れた毛根をキレイしましょう!というもの。

外用剤

シャンプーをした後に、トリートメントやトニックなどのように育毛 剤とか発 毛 剤とか毛髪 剤などを使用して、ツルッツルになったハゲ頭を発毛させるとか、細くなった毛を元気に育毛させようといったもの。

内用剤

要はサプリメントです。
発 毛 サプリとか薄毛 サプリとか育毛 サプリなどサプリメントを服用して対策・改善・予防をしようというもの。

クリニック

ハゲ 治療とか薄毛 治療って治療というくらいですからaga 病院とか薄毛 病院などサイト検索してクリニックを探すと思うんです。
総合病院とかには薄毛科とか毛髪科とか聞いた事ないので、クリニックが何処にあるのか評判とかも気になりますよね!?
また、男性型脱毛症と違って女性 薄毛 治療といった女性専用のクリニックもあります。
治療の方法として、増毛植毛、またaga 薬とか抜け毛 薬などサプリと違って薬ですから当然処方箋が必要になるわけでクリニックへ行く必要があります。

かつら

付け毛ですね!
私的には、おふざけに使うアフロのかつら(笑)くらいしか興味がないので、ここは割愛しますが、ボリュームを持たせるためのウィッグやエクステンションは、女性のオシャレには賛成ですね!

私的なまとめ

クリニックへ行くのは、お金も掛かりそうだし、ちょっと私的に抵抗があります。
かつらは、もし風などで飛ばされたら恥ずかしくて仕方ないと思います。
シャンプーや毛髪剤もしくはサプリで薄毛(私の場合)が治ったら、そりゃ簡単な話です。
実際に、どんなものがあるか調べてみると・・・

全額返金保証っていうのがありました。
いや、金額がどうの!っていう話じゃないんです。
自信がなければ保証なんて付けられませんからね!

無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤
http://chapup.jp

それから、こういった世界には、プロフェッショナルが必ずいるはずです。
調べてみると・・・

いました。
ハゲのカリスマ
女性ですね!

発毛実績6万人 発毛率92%
テレビ・雑誌・新聞など多くのメディアで注目されていますね!

このカリスマは言います。
毛根は、よっぽどの事がない限りなくならない。
その毛根がある限り、必ず毛は生えてくる。

このカリスマは、頭皮サロン専門店も経営されています。
症状や年齢も様々なタイプの方が南は沖縄、北は北海道まで本気で髪を生やしたい人が全国から来店するそうです。
来店される方は・・・

  • 男性6割、女性4割
  • 頭皮がむき出しになってツルツルになってしまった方
  • 生え際がスカスカになってしまった方
  • AGAで悩んでいる方
  • 円形脱毛症
  • リラクゼーション目的
  • 予防目的
  • 評判をきいて全国から来店するそうですが、大抵の人は行きたいけど東京までは遠くて行けないという声。

    しかも、サロンの予約は、現在4ヶ月待ち。

    そこで、この方法をDVD形式にして、なんとか全国の悩んでいる人達にも伝えることができないものか!?
    自宅でその通りにやって効果が期待できるものがあれば、その人達を助けられるんじゃないか!?
    そう思ったそうです。

    返金保証も付いてますね!

    その発毛・育毛法とは・・・

    育毛発毛のDVDプログラム
    http://gungun-ikumou.com

    毛に関する用語集

    毛に関する用語には・・・
    抜け毛、ハゲ、薄毛、AGA、プロペシア、発毛、育毛、かつら、増毛、脱毛治療、フォリキュラー・ユニット、マイクログラフト法、薬物脱毛症・・・等々色々ありますが、まずはここから説明して行きます。

    抜け毛

    髪の毛が抜けてしまったものをさす言葉。
    本来髪の毛は毛周期によって生え変わります。
    当然生え変わりの時に髪の毛が抜けるので、ある程度の抜け毛は当然のものです。
    ところがこの毛周期が崩れてしまったり、その他の要因によって、通常の抜け毛の量を超えてしまうと、脱毛状態が進行してしまいます。

    ハゲ

    ハゲとは、頭髪が何かしらの原因によって頭皮からほとんど抜け落ちてしまった状態などを指す言葉です。
    ハゲになる原因は、自然脱毛以外には病気、薬の副作用、ストレス、男性型脱毛症(AGA)、その他(過度のダイエット・・・)などがあげられます。
    人間の頭髪は平均10万から15万本あると言われており、髪の毛は数年をかけて成長し、抜けていきます。
    脱毛症になる方は、この時の毛周期(ヘアサイクル)が普通の場合より短く、抜け毛になるのが早くなるため、ハゲになってしまいます。
    なお、ハゲの治療は美容目的として判断されているため、医療保険対象外となり、治療費は割高になります。
    ストレスなどからなる10円ハゲ・・・つまり、円形脱毛症なども医療保険対象外です。

    薄毛

    薄毛とは髪が生え代わるたびに細くなり、はりやこしがなくなって髪の毛にボリュームがなくなってしまう状態のことを呼びます。
    なお、薄毛の髪の毛は栄養が行き届いていない場合が多く、その寿命も短くなって行くので、髪の毛が脱毛した状態にもこの言葉を利用する場合がよくあります。
    また、薄毛の人は特にヘアカラーやパーマをする時にアレルギーを起こし易く、注意していないと毛穴周囲の炎症、毛穴の閉塞など、ヘアカラーやパーマに関して頭皮が拒絶反応を起こし、薄毛や脱毛の進行が急激に進む恐れがあるので要注意です。

    AGA

    AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
    思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことです。
    AGAの脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により「M字」になります。
    また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となります。
    女性の場合、FAGA(Female Androgenetic Alopeciaの略)「女性男性型脱毛症」と呼ばれています。
    女性の場合、男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなり、完全な禿髪は稀です。

    プロペシア

    プロペシアとは、男性型脱毛症の進行を抑制するための経口薬、飲む育毛剤です。
    一般名ではフィナステリドと呼ばれています。
    元々はプロスカーという商品名にて前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として利用されていましたが、その後の研究により毛髪の成長効果があることがわかり、男性型脱毛症の治療薬として使われています。

    発毛

    失われた髪の毛を生やすこと。
    育毛の現状維持や育てるというよりも積極的な言葉として利用されています。
    医学的な処方から民間的な処方まで幅広く言葉としては使われるが明確な定義は実際にはありません。
    現在は薬剤などを利用した医療的なものが発毛として、従来の育毛とは一線をひくかたちでおこなわれているところもあります。

    育毛

    育毛とは、現在ある髪の毛にとって良い状態を作り出して、抜け毛を防ぎ、強い髪の毛を育てる事を言います。
    良い状態を作るためには日ごろの手入れ(頭皮ケア)も大切ですが、バランスの良い食事も育毛には不可欠です。
    食事は髪の栄養源になるだけではなく、臭いやカユミの原因と密接な関係がある皮脂腺から分泌される飽和脂肪酸の量にも影響を与えます。
    また、育毛は現在、髪の毛を生やす「発毛」と区分けをされて使われています。

    かつら

    元来オシャレ用として利用されていたものが、発達して男性の薄毛をカバーするアイテムとして確立してきました。
    基本的には頭全体を覆うタイプの全頭かつらと、部分的にカバーする部分かつら(ウィッグ・ヘアコンタクト・付け毛などの表現もあります。)があります。
    最近では、特殊素材を利用して、頭皮に直接張ることができるようなタイプの製品も販売されて、様々なニーズに対応がとれるようになっています。

    もっとも短時間でヘアスタイルを変えることができ、満足のいく毛量を手に入れることができるカツラですが、高価なうえメンテナンスなどに費用が永久的にかかり、消耗品であるため買い換えの必要性も。
    また、雨や風などに弱く、洗髪や装着したままの就寝などもできません。
    いつずれるかと想像以上に気を使うでしょうし、着脱の手間もかかります。
    最近では、髪の毛だけでなくアンダーヘア用のカツラなども存在しています。

    増毛

    増毛とは、1本の自毛に複数の人工毛髪を結びつけて、自分の毛以外の方法で人工的に髪を増やすことです。
    低料金から行うことができ、増量のボリュームも自由に選べて短時間に気軽に行えます。
    しかし自毛がのびると根元に結びつけていた人工毛の結び目も浮びあがってくるので、不自然に目立ったりブラシが引っかかるようになります。
    したがって根元に戻すというメンテナンスを繰り返すこととなり、長期で考えますと結果的には大変費用がかかります。
    また、結びつけている自毛に負荷がかかるようになり、抜けてしまうとせっかく増毛した人工毛も一緒に抜け落ちてしまいます。

    脱毛治療

    脱毛の治療は、近年、めざましく成果をあげています。
    脱毛の治療は、一般的に薬物で行います。
    特に、男性型脱毛症・AGAの特効薬として注目されているのが、フィナステリド(プロペシア)を主成分にした飲む医薬品です。
    しかも皮膚科など病院で治療を受けられるようになりました。
    また、「リアップ」や「ロゲイン」といった商品名で知られる医薬品が、血管拡張剤・ミノキシジルを主成分にした育毛剤です。
    男女ともに効果的な治療薬で、健康保険の適用はありませんが、薬局などで気軽に購入できます。
    日本の厚生労働省にあたる、アメリカの国政機関の一つであるFDAが認可した男性の脱毛治療薬は、フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの2つです。
    脱毛に深く関わりがある男性ホルモン(アンドロゲン)の働きを抑える働きをもつ育毛剤や、血管拡張剤・塩化カルプロニウムで抜け毛を予防する育毛材もあります。
    脱毛の治療薬は日進月歩です。
    近い将来の2010年前後には、毛乳頭や毛包細胞を培養して増殖し、頭皮に移植して発毛を実感できるという画期的な毛髪の培養技術の誕生が期待されています。

    フォリキュラー・ユニット

    フォリキュラー・ユニットとは、髪が生える基本単位である毛包単位(解剖学的単位)のことです。
    フォリキュラー・ユニットは、1~4本の太い毛、1~2本の産毛、皮脂腺、起立筋で構成されています。
    現在、世界標準となっている植毛法は、このフォリキュラー・ユニットを利用したフォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)です。
    フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーションでは、まず、一般的に薄毛・抜け毛になりづらい側頭部や後頭部から毛根組織(ドナー)ごと採取します。
    採取されたドナーは、株分けされ、その分けられた移植片(グラフト)を薄毛部分に植えつけていきます。
    一般的に株分けは、髪が生える基本単位であるフォリキュラー・ユニットで行われます。
    毛髪1~2本を含んだ1m大のグラフト(マイクログラフト)は生え際部分に、毛髪3~6本を含んだやや大きめのグラフトは頭頂部等のボリュームが必要な部分に使われます。
    髪が生える基本単位である毛包単位で移植を行うため、非常に定着率の高い植毛法と言えます。

    マイクログラフト法

    自毛植毛の手法には幾つか種類がありますが、現在の日本で行われているのはほとんどがマイクログラフト法、あるいはフォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)と呼ばれる手法です。
    マイクログラフト法は毛髪の密度に優れ、よりグラフトの小さいFUTは自然な仕上がりに勝るとされます。
    マイクログラフト法では、まず一般的に薄毛・抜け毛になりづらい側頭部や後頭部から毛根組織(ドナー)ごと採取します。
    このドナーを毛髪1~2本ごと、1mm程度の小片(グラフト)に株分けし、医療用針などで開けた移植孔に一本一本植えていくのです。
    この小さめのマイクログラフトに対し、3~6本程度の毛髪を含んだやや大きめのグラフトを目立ちにくい部位に移植することでボリュームを出すことができます。
    1990年代初頭に考案されたマイクログラフト法によって自毛植毛の審美性は大幅に向上し、生着率や安全性も改善されました。
    一方、1990年代後半に登場したFUTは、毛髪の生存に不要な周辺組織を削ぎ落とすことでグラフトを小型化し、定着率の向上とともに、自然な仕上がりを実現します。
    現在ではマイクログラフト法においてもフォリキュラー・ユニットを重視した株分けを行うことが多く、その術式も含めてFUTと呼ぶのが一般的になっているようです。

    薬物脱毛症

    薬物脱毛症は、薬物性脱毛症の類語としてご紹介します。
    薬物脱毛症とは、薬剤の投与により、髪が全体的に薄くなったり、髪が細くなったりする症状のことです。
    脱毛を誘発してしまう薬剤として、ガン治療の際に用いられる抗ガン剤や、C型肝炎の治療に用いられるインターフェロンなどがよく知られています。
    他にも、脱毛を促してしまう薬はありますが、抗ガン剤やインターフェロンはその副作用が顕著に現れる薬剤です。
    こういった治療薬は、特定の悪い細胞(ガン細胞など)や菌類の活性を妨げる働きをする為に用いられるのですが、それゆえに毒性も強く、通常の健康な細胞にも悪影響を及ぼします。
    髪の毛母細胞は最も薬害の影響を受けやすい器官であるために、薬剤を長期で服用、もしくは塗布することにより、毛根自体の活性が失われ、脱毛に至ってしまいます。
    薬剤による脱毛症は、薬の投与を中止すれば、特に育毛や発毛の対処をしなくても、次第に回復していきます。
    但し、抗ガン剤等の使用を継続したまま発毛を促すことは非常に困難であり、発毛と薬剤投与を同時に行うことはできません。
    また、毛髪が完全に消失してから、かなり時間を経過してしまった場合は、毛根がその機能を失ってしまっていることも多く、その場合の髪の再生は非常に困難です。

    植毛

    植毛とは、読んで字のごとく毛を植えつけることです。
    髪の毛がまったく無い部分や薄毛で気になる部分の頭皮に手術によって直接毛(または髪の毛の組織)を植えつける医療行為です。
    頭髪だけでなく、眉・まつげ・アンダーヘアなどにも施術が可能です。

    もともと植毛という技術は、火傷や事故による外傷・病気や薬の副作用による抜け毛などに悩む患者の精神的な負担を取り除くために研究が行われてきたのですが、近年では美容の方面でも関心が高まりその技術が磨かれています。
    特に欧米では日本よりも盛んに行われています。

    植毛の方法は、大きく分けて自毛を移植する「自毛植毛法」と人工毛を頭皮に植えつける「人工毛植毛法」があります。
    人工毛はカツラや増毛でも利用されていますが、特に植毛の場合は直接体内に入るので心臓のペースメーカーや人工血管など外科手術で使用されている素材を使った人工毛を使用します。

    人工毛植毛法と自毛植毛法の違い

    現在の植毛界での主流は「自毛植毛法」ですが、それぞれにも利点と欠点があります。
    よく比較検討したうえで選択してください。

    「人工毛植毛法」は人工毛を利用しますので、「自毛植毛法」に比べ手術時間が短いですし、ドナーを切り取る必要もなく線のような傷跡が残る心配、もありません。
    髪の毛がまったく残っていない無毛の方でも植毛が可能です。
    移植する為のドナーの範囲を気にすることもなく好きな本数を植毛し自由に増量することもできます。

    一方「自毛植毛法」は、頭髪以外の部分(眉や体毛など)にも可能です。
    自毛を移植しますので、人工毛に見られる拒否反応(化膿や炎症などの皮膚のトラブル)や異物反応のなど可能性も非常に少なく、移植部位への定着率も高くなります。

    両者の一番大きな違いは、植毛した人工毛はのびませんが自毛を毛根ごと移植する「自毛植毛法」はのびる!ということでしょうか。
    更に毛髪周期にあわせて抜けたりまた生えてきたり、植毛後の頭皮は健康な部位と比べてもまったく変わりありません。
    まさに昔の髪の毛が蘇ったかのように感じることができます。

    しかし、生着した自毛が成長するまでには半年から1年かかる(個人差があります)ので、早く毛髪の増量効果を得たい方にははじめから長い人工毛を植毛するほうがより早く満足感を得ることができるでしょう。

    植毛は外科的手術によって治療を行う技術ですが、デメリットもあるということも念頭に置いていてください。

    育毛剤

    世界中で各種多様な育毛剤が発売されておりますが、残念ながら必ずしも万人に効果があるとされるものはありません。
    ある育毛剤がAさんには効果があったとしてもBさんには全く変化も見られないということも多々あります。
    効果がすぐあらわれるケースもあれば、お金と時間をいくらかけても効果無しというケースも。