糖尿病の改善法

糖尿病

糖尿病の現状

日本国内の糖尿病患者は、今や1000万人と言われています。

この糖尿病、これだけ発達した医学や科学があっても完治出来ない病の一つとして今日があります。

これだけ多くの患者が居るのに、何故糖尿病は治す事が出来ないのでしょうか?

糖尿病の治療と副作用

一般的な糖尿病治療では、血糖降下薬が処方されます。

さらに、インスリン注射を打って、直接体内にインスリンを補う方法もあります。

しかし・・・
これらの薬は強力なので、使用すると副作用が心配です。

血糖降下薬は、血糖値を「一時的に下げる薬」であって、糖尿病を治す薬ではないんですね!

例え、10年服用しても、この薬で、糖尿病が改善されることはないと言う訳です。

残念ながら、糖尿病を根本から治すといった薬は、現代医学には存在しないんです。

そして、服用を始めれば、一生、薬を使用し続けなければなりません。

それは、服用をしなくなった途端、血糖値が上がってしまうからです。

さらに・・・
血糖降下薬の服用を続けることで、膵臓をはじめとする内蔵に大きなダメージを受けてしまいます。

そうなると、糖尿病が悪化してしまいます。

極端な言い方かもしれませんが・・・

薬を使用することで、糖尿病はどんどん深刻になってしまいます。

糖尿病の治療に関する費用

糖尿病の年間治療費の個人負担は、年間約4万円~13万円と言われています。

また、人工透析が必要になるなど、もっと高額な治療費が発生する場合もあります。

さらに、薬の副作用や合併症、後遺症などが起これば、その治療のための医療費は別途必要です。

糖尿病患者の悩み

糖尿病は治らない病気・・・
と、いかに進行を鈍らせるかという治療方針の中で糖尿病の改善をあきらめてしまっている人が多いと聞きます。

糖尿病患者は皆、高カロリー・高脂質の食事やお酒を我慢。
1日1万歩以上の運動をするように指導され、生活習慣の改善を求められます。

そして、投薬やインスリン注射で血糖値を何とか抑えるという大変な思いをしています。

でも、実際のところどうなんでしょうか?

「なかなか効果が表れない」
「思ったほど血糖値が下がらない」

これが、ほとんどのようです。

また、将来に対する不安や合併症などの影響で精神的に病んでしまっていることも珍しくないと聞きます。

でも、本当に・・・
糖尿病は治らない病なのでしょうか?

糖尿病の本当の治療(改善)とは

他の多くの病気と同じく、糖尿病も、早期発見・早期治療が最も効果的です。

ところが、糖尿病は別名『サイレント・キラー』の異名をもち、初期症状や自覚症状に乏しい厄介な病気と言います。

静かに進行して、気付いた頃には、重症化もしくは重症化一歩手前というケースがほとんどなのです。

そうなってしまうと、対症療法が基本の西洋医学ではもう手の施しようがなく、病気の進行を遅らせたり、症状の緩和がメインの治療方針になってしまうのです。
対症療法とは、血糖値が高いから下げると言ったもの。
高いから下げる。
運動や食事を・・・という患者の生活習慣の改善や患者本人の治療力に頼るしか方法がないのが現状です。

「薬では糖尿病を治癒することは出来ない」。
当然、これらは糖尿病を治すと言った根本的な治療ではありませんよね。

一生、薬やインスリンの注射器を手放せない生活。
本当に、これが普通の人生なのでしょうか?

糖尿病は、これで完治

対症療法が基本の「西洋医学」に限界を感じ、体質改善を基礎におく「東洋医学」の研究をしている医師が存在します。

身体の仕組みを知って、理に適ったアプローチを行うことで血流やリンパの流れを整え、糖尿病を改善することは可能と言います。

糖尿病は、膵臓(すいぞう)の不調と深い関係があると言います。

膵臓の動きを活性化すれば、糖尿病は治る!そう確信したそうです。

そして、糖尿病改善プログラムを開発。
このプログラムは、特別な道具などは必要ありません。
副作用や合併症、後遺症などの不安も必要ありません。
それどころか、続ければ糖尿病のリバウンドも予防できます。

肝心なことは、わずか1回5分程度の簡単な方法で、誰でも自宅で続けられるというプログラムだと言う事です。

ただ、このプログラムは無料ではありません。
ですが、年間治療費の個人負担額に比べれば、かなり安いと思います。

一番大事なことは、このプログラムを知って、糖尿病を改善してもらうことです。

シェア下さい!

フォロー下さい!